オーナーさんのおうち紹介

自分たちで野菜を育て、田舎暮らしを満喫。
自分たちで野菜を育て、田舎暮らしを満喫。

Kさま・3人家族

札幌に住んでいた時から、貸し農園で畑をやっていたのですが、物足りなくて…。新聞広告で、ユニビレッジのことを知りました。札幌に近いところを探していて、色々なところを検討したのですが、やはりある程度整備はされている土地じゃないと生活が難しいと思って。晴れた日は夕張岳を見渡せる美しい眺望で、400坪の広々とした敷地。畑をやるのに、ベストな条件だったのです。

最初、妻は生活基盤ができている札幌を離れることに抵抗を示していました。が、私のわがままで強引に、ユニビレッジへ移り住んできました。札幌も近いので、お友達に会いに札幌に行ったり、一緒に野菜を育てたりと、田舎暮らしに慣れてきたようです。

自分たちで育てた野菜が毎日食卓に出るのは幸せですね。自分でつくるとおいしいんですよ。野菜中心の食事になったので、毎日からだが快調で、調子がいいんです。家では食べきれないので、ご近所に配ったり、交換したりして、楽しんでいます。

札幌や東京に子どもたちが住んでいるのですが、札幌の息子家族は頻繁に来ています。孫たちは、札幌市内では思いっきり遊べないから、最高に楽しそうですね。まだ3歳なんですが、自分で収穫して食べています。孫が好きなものを植えて育てるのも楽しみのひとつです。

山を見たり、鳥や動物を観察したり、畑を耕したり…。ここに暮らしてから毎日が発見です。これからも日々勉強しながら、過ごしていきたいと思います。

数十種類の野菜を栽培している。畑日誌をつけて日々奮闘中。

数十種類の野菜を栽培している。畑日誌をつけて日々奮闘中。

大きなウッドデッキに、蕎麦の実を干して。

大きなウッドデッキに、蕎麦の実を干して。

畑仕事の合間に、ご近所の人と野菜の情報交換を。

畑仕事の合間に、ご近所の人と野菜の情報交換を。

吹き上げ天井になった開放感たっぷりのリビング。

吹き上げ天井になった開放感たっぷりのリビング。

物入れを設けた玄関は、木のぬくもりが漂う。

物入れを設けた玄関は、木のぬくもりが漂う。

約400坪の敷地で、思う存分、畑仕事を。

約400坪の敷地で、思う存分、畑仕事を。